アフリカ周辺の謎 発見と検証



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ] キーワード: アフリカ グーグルアース アフリカの謎


33件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[34] 砂漠の畝

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 7月24日(日)12時33分51秒   通報   返信・引用

前回の訂正と追加です。
先入観というのは恐ろしいもので、ティンブクトゥから北東に広がる砂漠地帯の畝を見逃していました。
こういうのは砂漠の自然地形だろうという思い込みが私の目を見えなくしていたわけです。
200キロ以上の長さで並行に走る畝がlake Faguibineから北東部に走っています。
カラハリの畝もそうですが、こうした地形が自然にできる理由というのを地学系サイトでいくら探しても見つかりません。

ともかく画像を3枚貼っておきます。

もう一つ訂正 前回NOK文化の地域と書きましたが、マリのほうはDjenne Djenoに代表される鉄器とテラコッタの文化。アフリカ米発祥の地でもあるようです。





[33] 西アフリカの運河?畝?灌漑?

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 7月18日(月)11時31分43秒   通報   返信・引用

12.00N 11.00E
ナイジェリア北部 チャド湖から西へ広がる地域に100km近い長さの畝が走っています。

14.50N 3.00W
lake Faguebine から南、ドゴンのMOPTI地区にかけて運河のような直線が見れます。
赤いラインは50kmの長さで引きました。

3番目は地域の全体図です。

サハラ砂漠にはほかにも「らしい」場所がありますが、100kmぐらいの直線がグーグルアース上ではっきり確認できるのは、西アフリカではこの2か所です。

気になるのは、この2地域とも2500年以上前の謎のNOK文化地域と重なることです。
nok culture で英語版ウイキペディアが検索できます。等身大のテラコッタと鉄器の使用。古さは未定でAD500ごろ突然消滅。

南部アフリカに関しては林ひろし様が「ツォディロ運河」という動画を作ってくださっているので、ここでは省略。

も一つ気になるのはZAKZAURUS氏が「海底考古学」で、海底の「トタン板構造」に触れていること。
地上では幅2kmの畝たてができるトラクター使ったのでしょうか?








[32] richat structure 古いライン

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 7月 4日(月)13時15分9秒   通報   返信・引用

Kadiet ej  zjill
22.64N 12.55W
(今回からG.E.へのコピー・ペーストが簡単にできる様に位置情報の表記を変えます。)

多分、世界最大クラスの磁鉄鉱の山。ふもとの鉱山から鉄鉱石を運ぶ鉄道があり「世界一長い貨物列車」として日本でも紹介されています。磁鉄鉱の山というものがどれぐらいレアなものなのか、調べてもよくわかりませんが、どこにでもあるようなものではないと思います。

ここからリシャット構造同心円の中心をつなぐ線が、アシャンティ王国の首都、黄金の都クマシを通ります。
アシャンティ王国は中世に栄えた西アフリカ最後の王国ですが、クマシのすぐ南にあるLAKE BOSOMTWEは100万年以上前にできたインパクトクレーターです。この湖の周囲から西アフリカの文明が起こったと考えられます。
Bosomtwe
6.48N 1.44W


ラインはいったん大西洋に出てアンゴラで上陸し、ETOTOの「構造物」を横切ります。

etoto
17.60S 14.07E

これでETOTOは南アの金鉱地帯(MPUMALANGA)だけでなく西アフリカの黄金都市ともつながりました。

ちなみにRICHAT→KADIET EJ JILL方向へ伸ばすと、カナリア諸島、アゾレス諸島を突き抜けていきます。やはりアトランティスでしょうか?

勘にすぎませんが、このラインはとても古くて重要なラインであると思います。

皆様ご検証よろしく。



[31] richat structure

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 6月22日(水)00時26分33秒   通報   返信・引用

Richat structure 21°7′27″N 11°24′11″W

Crater Tenoumer: Latitude 22° 55' N; Longitude 10° 24' W

Crater Temimichat: Latitude 24°15' N; Longitude 9° 39' W

この3か所つなげると一直線に(なんと)富士山へ向かいます。


(管理人) 参考にしたサイト
http://www.b14643.de/Sahara/Mauritania_Craters/index.htm



[30] ティオティワカンとアフリカ

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 6月13日(月)17時26分36秒   通報   返信・引用

4月1日にコピペした地学サイト
http://terra.sgu.ac.jp/earthessay/1Earth/1_09/1_81.html
失礼いたしました。

ティオティワカンへ向かう3つの画像を貼ります。

ゲベルバルカルのアムン神殿参道は真っ直ぐティオティワカンへむかいます。
前回紹介したJUBA近郊の謎の山。
グレートジンバブエからツォディロヒル経由で向かう線。

前回書いてますがゲベルバルカルご神体はコブラ
JUBA周辺のDINKA族は、猛毒のパフアダーを聖なる生き物として敬っています。(えいごばんWIKIPEDIAのDINKA RELIGION に依る)
ツォディロヒルでは世界最古の信仰ではないかと言われるニシキヘビの洞窟が発見されています。
https://www.apollon.uio.no/english/articles/2006/python-english.html

もちろんティオティワカンは、ケツアルコアトルの神殿とつなげました。












[29] ジュバも怪しい

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 5月11日(水)15時32分31秒   通報   返信・引用

南スーダンの首都JUBA 自衛隊が、なぜか、駐在(?)しているので、日本でも多少は知られています。
ここから西へ57キロの地点に細長い矢印のような山があります。(北緯4度50分東経31度5分)
高度1000m 長さ24キロ 幅 広いところで3キロ
画像を見ていただければわかりますがグレートジンバブウェとギザを結ぶ線上(ほぼ)にあります。
それだけだと偶然ですが、ギザからこの矢印まで約2780kmグレートジンバブウェからここまで約2780km ほぼ中間地点です。ちなみにギザーグレートジンバブウェはほぼ5560kmでした。
私は数字にあまり強くないので皆様もぜひ検証してみてください。
矢印の真ん中へんからナスカへ線を引くと、ハミングバードのしっぽを横切って南緯14度41分31秒 西経75度9分26.21秒に至ります。滑走路(?)の縁とぴったり重なるような気がします。
以上画像1

ジュバより17キロばかり西北西に高度800mほどの小山があります。(北緯4度52分 西経31度25分30秒)地形図で見ると古墳のような形です。しっかりティヲティワカンを向いています。
以上画像2と3





[28] 画像APRIL FOOL

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 4月 1日(金)23時36分45秒   通報   返信・引用

なぜさっきのに添付できなかったのか謎です。



[27] April fool

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 4月 1日(金)23時29分37秒   通報   返信・引用

アッラー 母国 王 から行き詰っておりました。実はいろいろ雑用も重なりくたびれてました。

3つの海峡を貼ります。これは何百万年も前のテラフォーミングです。人類の揺籃と文明化のための環境設定だったと考えれば納得がいきます。

 ある地学サイトより
559万から533万年前の間、地中海は大西洋から完全に切り離され、外海から海水が入ってこなくなりました。地中海の海水準は、現在の海底まで近くまで下がり、そこには塩湖が形成されていたと考えられます。この時期になると、地中海は、地層の堆積場というよりも、陸地として侵食の場となりました。もともとの海岸線は、巨大な渓谷になっていたことになります。それは、グランドキャニオンに匹敵する規模だと推定されています。
  533万年前には、再び、外界とつながった海の環境が戻ってきました。この年代は、中新世と鮮新世の時代境界ともなっています。
  塩分危機の時代は、地中海に外洋の海水が供給されていない596万から533万年前の63万年間になります。地質学的には、それほど長い期間ではないのですが、地中海という狭い海峡しかない内海であったため、その影響は大きなものとなりました。
  ではなぜ、海水の流入が止まったのでしょうか。それは、地中海が成因と深い関係があるようです。


ジブラルタル海峡における過去の地形や地震波による探査がなされました。すると、東向きの流れをもった流路や渓谷が形成されていたことがわかってきました。その渓谷が、現在の海峡のもとになったと考えられています。海水が地中海に満たされるには、数100年の単位で起こらなければなりません。地質学的にあっという間に起こったといえます。
  そこの現在のジブラルタル海峡の幅の流路で、地中海に海水を満たすには、膨大な海水が流れこまなければなりません。さらに、大西洋と地中海は、当時、その落差1kmほどもあったのです。ジブラルタル海峡は、まるで大きな滝(ヴクトリアの滝の100倍の規模)というべき海峡が出現したのです。
  でも、この説では、現在の286mというジブラルタル海峡の深い水深を説明できません。やはりこの水路周辺の200から100m程度の沈降は不可欠となります。その現象まで完全に説明している説は、まだないようです。
  科学者の説明はできていないのですが、今と同じような深海の地中海が、一気に復活し、現在まで継続しているのです。
  温暖で穏やかな地中海の水面をみていると、そのような異変の面影は見てきません。しかし、地中海の海底から見つかる蒸発岩や大量の微化石が、これまで述べてきたような出来事を物語っています。地質学者たちは、残されたかすかな痕跡から、異変を嗅ぎ取り、その物語を解明しつつあります。

以上コピペ



これに、エーゲ海、マルマラ海、黒海をつなぐ海峡。すべてギリシャ神話の舞台装置です。

おまけ フィリギアの超古代轍
https://www.youtube.com/watch?v=fjFT7-Yvekg
turkey ancient vehicle tracks

まだ4月1日です。



[26] お元気ですか?

投稿者: hamax999 投稿日:2016年 3月11日(金)08時38分29秒   通報   返信・引用

お久しぶりです。お元気ですか?私もグーグルでアフリカの周辺を観ましたが不思議な地形が多く、ここが地球(・・? と考えさせられます。

掲示板を作成しましたのでご覧ください。
http://6217.teacup.com/hamax999/bbs



[25] (無題)

投稿者: naomi BK 投稿日:2016年 3月 2日(水)12時17分49秒   通報   返信・引用

またまたお邪魔しますm(__)m
ありがとうアトランティスのサイト 重かったけど見れました☆彡
Michael Huebner さんの節だったのですね 研磨されたナイフのような石が印象的でした

えっと私思うのですが アッラーって古代の神で キリスト教と違うとなりますが
元はアッラーと言う神が先だったのではないかと思ってます

そうだ亀みたいのだけど古代大きな亀がいて神としてたのではないでしょうか?
リビアの絵は亀と思いました



[24] arabic

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 3月 2日(水)00時58分8秒   通報   返信・引用

msseyed
変な山のアラビア語訳です。

町のそばの崖面にある白い文字は アッラー 母国 王
変な山のてっぺんは アッラー 母国
看板は アッラー
これだけしか読めないようです。

いずれにせよ、町の名前とか軍関係ではなさそう。

http://www.asalas.org/papers/Huebner_Evidence_for_a_Large_Prehistoric_Settlement_full.pdf
Michael Huebner さんのモロッコにアトランティスがあった説、元論文が見つかりました。写真が多いのでわかりやすいっす。
彼は2013年死んでます。
プラトンもアトランティスの話完結させずに急死してます。

とりあえず以上




[23] こんにちは お邪魔します

投稿者: naomi BK 投稿日:2016年 2月28日(日)20時43分22秒   通報   返信・引用

なんかこの辺を調べたら も~たくさん変なのがありますね
何故だか調べたら参考になるようなサイトにありました、
近くで もしかしてアトランティスでは?何語使ってたのかしら?
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52187433.html

私はここを調べたらです 下URL動画作ってみました よろしかったら見てください
まずスフィンクスはアトランティスの人が関与したと思います

https://www.youtube.com/watch?v=UZj71bFHfg8



[22] とりあえず

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 2月23日(火)21時19分4秒   通報   返信・引用

現在MSSEYEDのアラビア語を解読しようと努力中です。
お金かかるかも。毒食わば皿までです。

ナスカーギザライン上にある変なもの3つはりつけます。

1.リビアの軍事施設? 2009年の画像にもあるのでガダフィ大佐時代からの物です。フリーエネルギーでも開発しようとしてたのか?それでやられちゃったのか?

2.リビアのクレーター?
火山でしょうけど、とってつけたような。。。

3.タッシリナジェールの「ろうそく」変形バージョン。 これだけ向きが違います。

以上、すべてほぼナスカ‐ギザ大円下にあります。

何か情報あれば教えてください。





[21] (無題)

投稿者: naomi BK 投稿日:2016年 2月19日(金)01時37分45秒   通報   返信・引用

四角から出てるのは この山と思います
四角い中ですが 文字だか絵だかわかりませんが
私は地図だと思います 船で来た そして来た場所が下の方
----------------------------------
28° 0'40.68"N  10°48'48.24"W

謎の山から近くに白い文字とエンブレム これは新しいかな?
アラビア語ですよね しかしエンブレムが似てます



[20] Re: hombori

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 2月18日(木)12時35分36秒   通報   返信・引用 > No.19[元記事へ]

>
> 参考動画 hombori と timbuktu で検索
>
> https://youtu.be/3hxs3M1wR68
>
>https://www.youtube.com/watch?v=VTLcQsobtG0

2番目URL間違えてたので訂正しました。
the ancient city of timbuktu
英語のドキュメンタリーですが金掘るシーン必見


>先ほど貼れなかった画像
ナスカのhomboriライン
hombori周辺
地形図でみた畝



>
>
>
>
>
>
>
>
>
>



[19] hombori

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 2月18日(木)11時45分18秒   通報   返信・引用

1.サハラの矢印 lake faguibine
岩山の間に湖があると思ってましたが、矢印全体湖でした。MSSEYED-FERENOUKラインが横切り、ギザからの線が直角に交わります。
この湖からニジェール川を挟んでいくつかの湖がありますが、氾濫した川の水を貯めるシステムになっているようです。川の東西に運河らしき畝もあります。

lake faguibine
北緯16度44分20秒
西経03度58分00秒

2.矢印から南西290kmのところにhomboriがあります。
エーリアン好みの奇岩地帯。TOP FLATな岩山です。観光地にもなってるみたいで、動画がけっこうあります。
hombori
北緯15度15分16秒
西経01度41分04秒

ナスカにラインがあると思います。
nasca line for hombori
南緯14度41分43秒
西経75度10分33秒

ティヲティワカンーウルルをとおる直線(大円)上にあります。

3.矢印から280km南南西 ドゴンのMOPTI地区南にmadougouという村(町?)があります。この地域にも直線畝があります。
madougou
北緯14度24分00秒
西経03度04分46秒


黄金王国ガーナ→マリ→ソンガイという歴史を持つこの地域は要調査、検証
hombori
ため池システム地形図
mopti地区運河(畝)
の順に画像貼り付けました。




参考動画 hombori と timbuktu で検索

https://youtu.be/3hxs3M1wR68

https://www.youtube.com/watch?v=VTLcQsobtG












[18] Re: 問題の山

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 2月17日(水)22時56分48秒   通報   返信・引用 > No.17[元記事へ]

> こんにちは 凄いですね 人工的で ピラミッドの形してますよね
> 何やら文字が書かれてるような??もしご存知でしたら ごめんなさい(^^;
> msseyed これ解読しますと 「もし」 「メシア」 「メッセージ」
> とかあがってきます。

ありがとうございます。絵だと思ってました。

下の看板みたいなのは、なんて書いてあるのでしょう。「立ち入り禁止」とか。

何語ですか??

いま、球面上の直線(大円)と対蹠点のことずーっと考えてて次が投稿できないでいます。






[17] 問題の山

投稿者: naomi BK 投稿日:2016年 2月17日(水)21時32分12秒   通報   返信・引用

こんにちは 凄いですね 人工的で ピラミッドの形してますよね
何やら文字が書かれてるような??もしご存知でしたら ごめんなさい(^^;
msseyed これ解読しますと 「もし」 「メシア」 「メッセージ」
とかあがってきます。



[16] 諦めない心と不屈の精神

投稿者: 46の一致 投稿日:2016年 2月12日(金)03時47分56秒   通報   返信・引用

みなさん、もし難解な壁にぶち当たったら、一度初心に戻り、振り返ってみてください。
はやし先生やみなさんの分析力なら、きっと謎が解けるはずです。
鍵はすぐそこにあるはずです。
私は初心者ですが、経験を積んだ人なら、もう一流に近いと言って過言ではありません。

いつか古代の謎が解ける日を待っています。



[15] msseyed について

投稿者: a-miyazaki 投稿日:2016年 2月11日(木)12時29分18秒   通報   返信・引用

昨日の投稿を読み返しておりましたら、MSSEYEDについて、全く説明しておりませんでした。
はやし浩司様の掲示板に書いてるのでわかってくれるだろうという、甘えというか、手抜きというか、ずぼらというか、いけませんね。

モロッコ小アトラス山脈の西端、msseyed と表示された町の南にある変な形の山です。
この辺の情報がネットでは全く見つかりません。北部海岸近くの町TANTANについてはいくらかありますが。
この地域についての情報がある方の投稿を期待してます。

問題の山の位置は北緯27度59分18秒 西経10度47分12秒  画像1

この周辺に不可解な場所がいくつかあります。
北緯27度59分50秒 西経10度37分40秒 画像2
北緯28度00分 西経10度23分

これは自然でしょうか? 私には住居跡か、廃墟化した施設の跡に見えます。
ほかにもありますが、精査していただいてご意見いただけると嬉しいです。
画像3は、画像2の一か所クロズアップしたもの。不自然ですよね。


レンタル掲示板
33件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.