TodoのBBS



カテゴリ:[ 読書/書評 ]


128件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[131] Re: おめでとうございます!

投稿者: Todo23 投稿日:2019年 3月18日(月)18時01分19秒 softbank060101113127.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.130[元記事へ]

ありがとうございます。

まあ、世の中にイラストレーターなるもの数多くいますが、その中で自分が望む仕事でやって行ける人はひと握り。少しずつでもそういう形になれば良いなと思っています。

http://todo23.g1.xrea.com/




[130] おめでとうございます!

投稿者: トド 投稿日:2019年 3月18日(月)16時24分14秒 115-38-201-34.shizuoka1.commufa.jp  通報   返信・引用

お嬢さん、「日本の怪談」の表紙絵を描かれたそうでおめでとうございます!良かったですね。お嬢さんのサイトで作品を拝見したことがありますが、素敵なイラストを描かれていますから、今後、ますます楽しみですね。最近、私は芥川龍之介の短編「蜜柑」を絵本のように美しく背景画を描いた本を図書館で見つけてかりました。げみさんというイラストレーターの作品ですが、画集のような楽しさでした。蜜柑、とてもいい話でした。芥川の短編はいい。10分で読める芥川龍之介短編集も読みました。梶井基次郎さんの「檸檬」もイラストを担当したそうなので、もし図書館で見つけたら借りたいと思います。乙女の本棚シリーズの1冊です。本を読み終わってもブログにあげないことが多いです。最近スティーヴン・キングの三部作「ミスターメルセデス」「ファインダーズキーパーズ」「任務の終わり」を読みました。どれも面白かったですが、好みからするとミステリはあまり好きじゃないのです。



[129] Re: 誰もが愛おしかったです!

投稿者: Todo23 投稿日:2019年 2月 9日(土)15時51分57秒 softbank060101113127.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.127[元記事へ]

ああ、忘れてた。

追伸;
三崎亜記さんの『作りかけの明日』を読みました。
『刻まれない明日』の前日譚であり、同時に短編「動物園」(『バスジャック』に収録)、「図書館」(『廃墟建築士』に収録)や『手のひらの幻獣』に繋がる物語。
例によって”この国”の”この街”が舞台です。
特に”この街”の地理は詳しく出てましたので、地図を更新しました。

でもね。。。北にあるはずの海が「南にある」と書かれてるんですよ。ちょっと困ります。

http://todo23.g1.xrea.com/



[128] Re: 誰もが愛おしかったです!

投稿者: Todo23 投稿日:2019年 2月 9日(土)10時56分55秒 softbank060101113127.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.127[元記事へ]

しをんさんのこういう何かに没頭する人を描いた物語は楽しいですよね。

> 笑い処はいっぱいありましたが、個人的には松田先生の黒と白ばかりの服が並ぶクローゼットを称して、加藤が「シマウマのクローゼット」と言ったのが、ヒットでした(笑)。

私は松田先生を称して「xxxxxしている殺し屋」の色んなバリエーションが出て来るのが可笑しくて。。

理系の研究室って色んなものが有って面白いですよ。私は化学でしたが、
例えばオートクレーブと言う高圧の反応装置(圧力釜の超高圧版)。説明書を読むと「異常反応が起きて急に圧力が高くなったら、止めようと考えず、まず逃げよ」なんて書いてある。何せ300気圧、爆発するとコンクリートの天井ぐらいぶち破りそう。だから研究室内に入れてもらえず、屋上に繋がる階段の踊り場で扱ってましたね。
あとは18リットルのポリタンで持ってこられる工業用の濃硫酸。後輩が持つロートを通して別容器に移し替えるのですが、結構飛び散るのです。
後輩 「あの~(手に濃硫酸が飛び散って)熱いんですが・・・」
先輩 「ウン、大丈夫。あと少し」
まあ、慣れれば濃硫酸は余り怖くは無い。発煙硫酸なんて水を加えると濃硫酸になる液体なんかも有って、これは流石に怖かったですが。
そんな”研究室あるある”を思い出しながら読んでました。

http://todo23.g1.xrea.com/



[127] 誰もが愛おしかったです!

投稿者: 水無月・R 投稿日:2019年 2月 8日(金)19時51分5秒 softbank126004249249.bbtec.net  通報   返信・引用

Todo23さん、こんばんは(^^)。
私も『愛なき世界』を読みました!

しをんさんらしい、ニヤニヤしながら読める、楽しい物語でした。
私は完全文系人間なのですが、藤丸への説明や彼独自の理解力で、研究のことなども分かりやすく読めて良かったです。まあ、詳細に関しては結構わかってなかったかもしれませんが(笑)。
笑い処はいっぱいありましたが、個人的には松田先生の黒と白ばかりの服が並ぶクローゼットを称して、加藤が「シマウマのクローゼット」と言ったのが、ヒットでした(笑)。

植物の世界には「愛」はないけれど、植物を研究する人々、その人たちを支える人々には、愛が溢れてるなあ…と、思いました。

https://mina-r.at.webry.info/201902/article_1.html




[126] Re: たやすい仕事は、ないですねぇ(笑)。

投稿者: Todo23 投稿日:2019年 2月 3日(日)16時42分59秒 softbank060101113127.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.125[元記事へ]

>ニヤニヤしていたことを思い出しました。

そうなんですよね。
何となく「真面目な」小説という先入観で読み始めてしまい調子が狂ったような気がします。
仕事内容も妙なら、主人公のリアクションもどこか奇妙です。
それを含めて最初から面白がって読めば良かったのでしょうが、どこか掛け違えてしまったような気がしています。

http://todo23.g1.xrea.com/



[125] たやすい仕事は、ないですねぇ(笑)。

投稿者: 水無月・R 投稿日:2019年 2月 1日(金)19時32分12秒 softbank126004249249.bbtec.net  通報   返信・引用

Todo23さん、こんばんは。
『この世にたやすい仕事はない』、2年ほど前に読みました。
なんとも不思議な「お仕事」の数々に、ニヤニヤしていたことを思い出しました。
主人公が、リアルなのかファンタジーなのか、ふわふわした「お仕事」を経て、前職に戻ってみようかと前向きになれたラストが良かったです。
どんな仕事にも、ちょっとした引っ掛かりがあって、どうやってそれらと折り合いをつけていくのか何だよなぁ…なんて真面目に考えたりもしました。

https://mina-r.at.webry.info/201610/article_2.html



[124] Re: 大塚家は私の親戚感覚(笑)

投稿者: Todo23 投稿日:2019年 1月15日(火)16時53分19秒 softbank060101113127.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.123[元記事へ]

「家シリーズ」良いですよね。
ただ、余りに飛び飛びに読んでしまい「妻と〇〇」のつながりは気づいてないのです。
今度は並べて再読してみましょうかね。

http://todo23.g1.xrea.com/



[123] 大塚家は私の親戚感覚(笑)

投稿者: 水無月・R 投稿日:2019年 1月14日(月)22時46分41秒 softbank126004249249.bbtec.net  通報   返信・引用

Todo23さん、こんばんは(^^)。
奥田英朗さんの〈家シリーズ〉、大好きなんですよ、私。
中でも「妻と〇〇」の作家の大塚氏、その妻の里美さん、そして双子の男の子たち。
よく知ってる親戚みたいな感覚で、見守っちゃってます。すごくほっこりします。

他の掌編も、爆笑したりドキドキしたり、楽しめました。
何といっても、〈心当たりありすぎ感〉がリアル(笑)ですね。

https://mina-r.at.webry.info/201512/article_2.html



[122] Re: 新年おめでとうございます。

投稿者: Todo23 投稿日:2019年 1月 7日(月)15時39分30秒 softbank060101113127.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.121[元記事へ]

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

我が家の娘・息子はお正月では無く、年に一度くらい不定期に帰省します。
ですからおせちを消化するのも夫婦二人。

結婚してしばらくして母が病気になり、その頃から実家と義実家あわせて3軒分のお節を作っていました。もう、親たちは3人見送りましたが、今でも少し多めに作って義母の分は1段のお重に詰めて持って行きます。

読書は・・・。
なぜか数か月かけてバラバラに予約した本が一気に届いています。昨日2冊、今日1冊、そしてあと2冊は次の番。後ろに沢山行列が出来てる本ばかりなので、早く読まなきゃと少々パニック気味です。

http://todo23.g1.xrea.com/


レンタル掲示板
128件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.