TodoのBBS



カテゴリ:[ 読書/書評 ]


105件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[107] Re: (無題)

投稿者: Todo23 投稿日:2018年10月 7日(日)17時13分11秒 softbank060101113127.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.106[元記事へ]

最後の落としどころが難しい作品だったのでしょうね。
でも、そこまでで十分楽しませてもらいましたから。。。。

> Todo Diary~読書録で『雲上雲下』の感想を見つけられずにこちらへお邪魔しました。

そういえば「検索」をつけて無かったですね。
先ほど設定しました。
ちなみにブログに載せ始めたのは、丁度この「雲上雲下」からでした。

http://www.geocities.jp/sea_lion23/




[106] (無題)

投稿者: しずく 投稿日:2018年10月 7日(日)15時06分23秒 175-28-156-90.ppp.bbiq.jp  通報   返信・引用

Todo Diary~読書録で『雲上雲下』の感想を見つけられずにこちらへお邪魔しました。

>エンディング、最後の最後がやや尻すぼみのような感じもしましたが、結論の無いのも良いのかもかもしれません

やはり同じように感じられていたんですね。
ブクログでも書いていますように、好きだっただけに最終章には不満が募りました。返却日がオーバーしていて熟読できなかったせいだと思ったり~。
購入して再読するつもりです。



[105] Re: 見知らぬ光景への郷愁

投稿者: Todo23 投稿日:2018年 9月 9日(日)17時01分45秒 softbank060101113127.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.104[元記事へ]

久しく恒川さんから離れていて、こちらで紹介いただいて『無貌の神』を読むことにしました。
https://blog.goo.ne.jp/latifa/e/278592e425289d33902982ea7511a67d

ノスタルジック・ホラー。
ホラー的な残虐なシーンもあるのですが、読み終わって残るのはノスタルジーの方ですよね。
朱川湊人さんもノスタルジック・ホラーですが、なんかちょっと味が違います。何だろう?

また、少し間を空けて恒川さんの別の作品にもトライしようと思います。

http://www.geocities.jp/sea_lion23/



[104] 見知らぬ光景への郷愁

投稿者: 水無月・R 投稿日:2018年 9月 8日(土)19時33分1秒 p1032074-ipngn200407osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

私も『無貌の神』を読みました。
「カイムルとラートリー」、良かったですね~。誰にでも描けそうな物語でありながら、こんなに印象的に美しい物語に仕上げる恒川さんの筆力に、感服しました。
どの物語にも、淋しさと温かさがあり、知らない世界のはずなのに郷愁を覚える、心地よさがありました。
Todo23さんのおっしゃるように、恒川さんの作品の「余白の美」は素晴らしいですね。
堪能しました!

https://mina-r.at.webry.info/201809/article_3.html



[103] Re: 初めまして

投稿者: Todo23 投稿日:2018年 9月 4日(火)16時56分17秒 softbank060101113127.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.102[元記事へ]

> 先日は当方のブログにコメントいただき、ありがとうございました。
> 木皿泉さんの新作、チェックさせていただきました。
> 近いうちに読んでみたいと思います。
> 今後ともよろしくお願いいたします!!

ブログのコメントの方に返事を書かせてもらいますね。

http://www.geocities.jp/sea_lion23/



[102] 初めまして

投稿者: yori 投稿日:2018年 9月 3日(月)12時12分5秒 122x219x64x74.ap122.ftth.ucom.ne.jp  通報   返信・引用

先日は当方のブログにコメントいただき、ありがとうございました。
木皿泉さんの新作、チェックさせていただきました。
近いうちに読んでみたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします!!

http://blog.livedoor.jp/yori1199/



[101] Re: それでもズレている世界

投稿者: Todo23 投稿日:2018年 7月28日(土)16時55分34秒 softbank060101113127.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.100[元記事へ]

不思議ですよね。
三崎さん特に短編では、ありふれた日常世界の中の一点だけをひっくり返してしまう。例えばウルトラマンが実在したら、あるいは着ぐるみを着ないゆるキャラが居たら。。。
そこでその一点と日常の間に歪みが起きる。その歪みを無理に説明したり理論付けたりすることなく、さも当然と言った姿勢で淡々と描いてしまう。だから不思議な感覚に陥ります。
ただ、それだけだと「奇妙な話だな」で終わってしまいます。「良いな」と思わせるにはもう一つそこに加わるものが必要で、それが「滅びの美学」だったりします。
今回はそのプラスアルファが不足していたかな~と。

http://www.geocities.jp/sea_lion23/



[100] それでもズレている世界

投稿者: 水無月・R 投稿日:2018年 7月27日(金)17時38分51秒 p1032074-ipngn200407osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

Todo23さん、こんにちは。
三崎亜記『チェーン・ピープル』を読みました。
三崎作品特有の<失われるものへの郷愁>よりも、私たちの世界に対する<風刺的なデフォルメの物語の印象>が強く、今作はちょっといつもと違う感じがしましたね。
それでも、三崎作品世界のルールは私たちの世界とはズレている、ということは強く伝わりました。
私、本当に、作品の世界観設定のノートが見たいです!!ほぼどの作品を読んでのレビューにもそう叫んじゃってます(笑)。

http://mina-r.at.webry.info/201807/article_3.html



[99] Re: 新しいパソコンからこんばんは!

投稿者: Todo23 投稿日:2018年 7月21日(土)16時33分25秒 softbank060101113127.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.98[元記事へ]

リニューアル、おめでとうございます。

私のPCもだいぶん古くなりましたが、いまだ壊れませんね。
まあ、大切に使うしかないか。

屋外はおろか、部屋から出ただけでムッとする暑さで、一日中クーラーの利いた部屋にいます。
私は帆船模型の関係で色々調べたりまとめたり、遊ぶネタを作っているのですが、家内が暇そうで映画に行きました。
私はハラハラドキドキ系も良いのですが、家内はどちらかと言うと苦手かな。

>確か主婦が反乱を起こす映画でしたっけ?
そうです。
ま、我が家の場合、立場が逆かもしれませんが(笑)

http://www.geocities.jp/sea_lion23/



[98] 新しいパソコンからこんばんは!

投稿者: トド 投稿日:2018年 7月20日(金)20時50分0秒 115-38-245-72.aichieast1.commufa.jp  通報   返信・引用

新しいパソコンからアクセスしてみました。このサイトをお気に入りに入れました。これで、簡単にアクセスできます。あまりの暑さに用事以外は出かける気が起きませんね。ご覧になった映画は、確か主婦が反乱を起こす映画でしたっけ?予告で見た覚えがあります。私なら、ジュラシックパーク炎の王国にしたかも。(^^♪ハラハラドキドキ系が好きなのです。


レンタル掲示板
105件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.